軽バン(エブリイ)車中泊改造&サイト管理者の生態

★前車(ステップワゴン改)は、こちらから   ★せんてんすくらぶ管理人の生態は、こちらから

★2018年3月 ステップワゴン(RF−3)が、15年9ヶ月・159,021kmで、天寿を全うされました。ハイエース・スーパーロング(123V)→ステップワゴンベースの、ビルダー製のキャンピングカーを乗り継いできましたが、今回は、その集大成として、自作したいと思いまして…
ベース車は、エブリイ・ジョインターボ4WD 5MT(EVDJ−2)。実は、25年前にも、同メカのエブリイ・ターボRX 4WD 5MT+ELに乗っていた私です。技術の進歩は素晴らしく、当時のエブリイターボは、チョロQのような車でしたが、今は、普通車と遜色ない車に進化していました。

★軽バン(エブリィバン)改造のあれこれ
◆後部キャビンのフラット化
◆ハンガー受け(壁面収納)
◆助手席への思いやり
◆25年前の軽バン時代の改造の回想…
◆ウインドウの目隠し
◆エブリイジョインターボの燃費

荷室(ベッドスペース)のフラット化…

現車は、専用シートなので、関係ないのですが、私の車中泊車の原点は、軽ワンボックス(エブリイ550)。当時の画像は無いのですが、その時のベッドスペース確保を、参考までにご紹介します。

軽バンだったので、後部座席を畳めば、フラットな空間になりました。ただ、そのままでは、鉄板の上に、薄いフロアマットだけなので、痛くて座ることすら出来ませんでした。

かと言って、合板を貼って、クッションフロアにすると、お金と手間が掛かります。そこで、安価で、加工しやすく、クッション性のある素材は…と考えたら、お風呂マットになりました。厚さが2cm程有る硬めのタイプなら、カッターだけでカット出来る加工性・クッション性・断熱性・形状安定等、完璧な床材でした。それを、荷台に敷き詰めたら、正座も出来る程の快適お座敷になりました。

寝る時は、普段使っている布団を積み込んで、スキーやドライブに行っていましたっけ…(^o^;) リヤゲート前には、板を渡して、棚を作り、クーラーボックス・カセットコンロを載せていました。当時は、それでも、満足していましたっけ…若かった20代…(-o-#)

  

改造その1 後部キャビンのフラット化
車中泊の基本は、寝ることです。そのためには、フラットなベッドスペースが必要です!


都市部のアパート住まいのため、大々的な作業はできません。せいぜい、穴あけネジ止め程度です。そこで、ホームセンターで、必要な長さにカットして、夜な夜なネジ止めして作っています。
日本の木材は、1間単位の長さで売られています。1間≒1,820mm・半間≒910mmが基本ですから、それに合わせて作るのが、安価に作る秘訣です。今回は、横幅の1,200mm以外は、ホームセンターで売られている長さの木材を使用しました。

  

改造その2 ウインドウの目隠し(遮光・断熱)

フラットなベッドで寝られても、外から丸見えでは、熟睡できません。大口開けた間抜けな顔を見られて、大笑いのネタにされるでしょう。カーテンが定番ですが、狭い車内を更に狭く感じさせてしまいます。前車では、銀マットを貼っていましたが、素材の特性上、温度差で膨張収縮してしまい、1〜2年で、作り変える必要がありました。そこで、今回は、耐久性のあるプラダンを利用して、目隠しをしてみました。

  

改造その3 ハンガー受け(壁面収納のベース)

ちょっとした買い物や上着は、その辺に、引っ掛けたいですね。アシストグリップに引っ掛けるのも一法ですが、出入りの邪魔になります。そこで、エブリイに標準装備のユーティリティナットと呼ばれるM6のネジ穴を使って、ハンガー受けを作ってみました。これで、多くの物が引っ掛けられます。

  

>

改造その4 助手席への思いやり

衝突安全対策で、セミキャブオーバーになったエブリィですが、その結果、タイヤハウスがアクセル部分に出っ張ってしまいます。その対策として、運転席が、中心寄りにオフセットされています。その犠牲となったのが、助手席のスペース。お世辞でも、快適とは言えない窮屈さです。そこで、少しでも、解消できたら…と、助手席の土禁化を考えてみました。

パートナーがいないから不要…と考えるのは、早合点。奥深い山に行く私は、過去、そこで出会った“疲れ切って動けない人”を乗せて、最寄り駅まで送ったことがありますよ。爺さんでしたが…(^o^;)

  

  


せんてんすくらぶ管理人の生態は、ここをクリック♪

◆改造のための材料調達は、ホームセンター>100円ショップ>ネットです。天候が悪く、山に行けない時は、ホームセンターで、ウィンドウショッピングをして、色々妄想しています…(^o^;) 不審者に、見られている可能性大…(^O^;)
特殊な部品や、キャンピングカー用品等は、実店舗で探しにくいので、ネットで探します。便利な時代になりました…(^o^)/


大震災にゲリラ豪雨…いつ、自分が、被災者になるかわからないご時世です。いざという時のために、走るだけの車ではなく、避難所となる車に改造しましょう♪(^o^)v

1995年1月17日、関西地方を巨大地震が襲いました。阪神淡路大震災です。当時は、駿河湾地震等、首都圏の大地震は、騒がれていましたが、予想外の関西の地震に、皆驚きました。

体育館や公民館等で、避難生活をしている方が大勢いる中、そのような環境が苦手な方は、自家用車で寝ていました。私自身も、無理です。しかし、座った状態で、長時間眠ると、エコノミークラス症候群を発症します。それにより、亡くなった方のニュースがありました。更に、排泄も、問題に…。

その翌月、憧れだけで定期購読していたキャンピングカー雑誌に、震災時のキャンピングカーの記事が載っていました。それまでは、レジャーのための贅沢車…という印象だったキャンピングカーですが、災害時には、確実なシェルターになることに、気付かされたのです。

その年の春、私はバツイチとなり、夫婦で共有していた軽ワンボックスを手放したことで、キャンピングカーへの道は、一気に近付き、その3ヶ月後に、キャンピングカーライフが始まりました。

阪神淡路大震災のニュースを見ても、行政だけでは、手が回らないのが現実です。やはり、個人個人が、いざという時に備える必要があります。アメリカの銃社会もそうですが、自分の身は自分で守る…平和ボケしている日本人には、忘れられている基本です。

前車に乗っている時は、幸いにも、災害に遭いませんでした。それはそれで、良いことです。しかし、この車に乗って9年。その日は訪れました。

2011年3月11日…東日本に、国内観測史上最大の大地震が発生! 東京でも、計画停電や、食料の不足等で、パニック状態に! でも、私は、いつもと変わりなく、生活していました…。停電の夜も、車の中で、乾パンをつまみに、一杯飲みながら、ネットでニュースを見てました。備えあれば憂いなし! 勿論、車が消失したり、車に戻ることが出来なければ、アウトですが、その時は、自分もアウトになっているかも…(^o^;)