旧陸軍 調布飛行場の掩体壕(えんたいごう)@東京都府中市・三鷹市 2019年5月
(府中)コインパーキング→   (三鷹)野川公園駐車場→

東京都府中市・調布市・三鷹市に跨る調布飛行場。今は、伊豆諸島への玄関口となっていますが、その昔は、帝都防衛の要の飛行場でした。

府中市と三鷹市に残る掩体壕の動画です。


まずは、府中市にある掩体壕から。今回は、コインパーキングに駐車して、徒歩で向かいました。


府中市が、公園として整備しています。画像をクリック(タップ)すると、説明画像が出ます。


この近くに、もう一つの掩体壕があるのですが、民家の中にあるため、画像だけ。


3つ目の掩体壕は、現調布飛行場を挟んだ向かいの“武蔵野の森公園”内にあります。


こちらは、補修されることなく、当時のままの状態で、展示されています。画像クリック(タップ)で、説明画像。


同じ公園内に、もう一つの掩体壕があります。こちらは、封鎖されていて、中は見えません。画像クリック(タップ)で、説明画像。

いずれも、現在では、展示物になっていますが、当時は、国防のための施設でした。このような施設が、増設・新設されない未来になってもらいたい。 

隣の芝生は、青く見えるかも知れませんが、それを欲することなく、茶色の芝生でも、その条件の中で、質素に・欲をかかず・心が満足するような生活を行えば、戦争は起きないはずです。大陸の方々には、理解できないかもしれませんが…。

戦争を起こして、喜ぶのは、一部の強欲な権力者だけです。大多数の人々は、傷を負い、悲しむのです。それに、限りある地下資源を、浪費してしまいます。子孫のためにも、大切に使い、残してあげるのが、先祖としての役目だと思うのは、私だけでしょうか?