黍殼山・焼山へ釜立林道から@神奈川県相模原市緑区
 2012年6月  釜立林道ゲート前駐車場所→




釜立林道駐車スペース…既に、先客が…。以前も止まっていた軽には、ボディカバーが…(◎_◎)


勾配のキツイ登山道を、1時間登ると、東海自然歩道に合流…ヤマビル怖い…{{(>_<)}}


黍殼山からの展望は、全く無し! 急登で、辛い思いをするだけ…巻き道で回避が無難…(^o^;)


巻き道は、ちょっと荒れている場所がありましたが、登山道では普通の光景…(^o^;)


水場の道標に導かれて、グチョグチョ斜面を降りていくと…こんな場所に、湧水が…(◎_◎)


気になる鳥屋(とや)ルートは、復活させる予定が無いようで…。一度、この目で確認したい…(゚゚;)エエッ


焼山へは、自然林と植林帯を、交互に通り抜け…自然林は、最高の雰囲気でして…(^o^)v


焼山頂上も、展望無し。ただ、昭和42年(1967)竣工の展望塔があります。床板バコバコ…(;゚゚)ウッ!


そこに登れば、宮ヶ瀬湖や丹沢山塊が、一望できます。塔を建てた時は、宮ヶ瀬湖は無かったね…(^o^;)


ちょっと詰めの甘い、津久井の標語…私なら、「ポイ捨ての あなた自身を まず投棄」かな…(^O^;)



>


動画です。