浅間尾根から日蔭名栗山(日蔭名栗峰)・鷹ノ巣山へ@東京都奥多摩町
駐車場所→




登山口から日蔭名栗山までの歩行動画です。




鷹ノ巣山避難小屋から鷹ノ巣山までの歩行動画です。




日蔭名栗峰(日陰名栗山)から見た鷹ノ巣山

奥沢林道は、ピストン林道です。廃村化している奥集落への生活道路になっています。そのため、住宅がある場所までは、舗装されています。住宅が切れると、ダートになり、終点に近付くにつれ、崩落場所が、多くなります。ダートになって間もなく、地元の方が放置したと思われるスバル・サンバートラックと日産サニーが…。環境のためにも、専門業者に出しましょう。

ダートになってから、1分程走ると、鷹ノ巣山の登山口があります。そこには、暗黙の了解のように、駐車スペースがあります。3分程走れば終点で、その間にも、退避スペースがあります。ただ、崩落気味ですので、運が悪いと埋まります…(^o^;)

避難小屋は、きれいなログハウス調。水場は、2分程下った場所になります。トイレは、無いよりマシといった感じです。御前山避難小屋のほうが、水場隣接・きれいなトイレで、条件は良い…って、何を評価しているんでしょう…(^o^;) 定住する小屋ではなく、避難小屋でしたね。

日蔭名栗山…地形図や山と高原地図では、この表記ですが、山頂に行くと、日陰名栗峰・日蔭名栗峰の二種類の表記が…(。_゜)? 稜線上の単なるピークのようなモッコリで、展望はありませんが、名前だけは沢山あるようです。(^o^;)

ただ、山頂の下が、広大なカヤトの草原になっていて、そこからは、絶景が拝めます。ここは、気持が良い場所です。独身の山ガールは、ここで撮影をすれば、良いお見合い写真になりそうです…(^o^;)

ゲリラ豪雨が、頻繁に起こる割には、奥多摩湖は渇水気味。水没していた島…本来は、小さな山だったのでしょうが、湖面から顔を出していました。