信州峠から横尾山へ
2016年9月  信州峠駐車場→

山梨県北杜市(旧北巨摩郡須玉町)の山梨県道610号〜長野県川上村の長野県道106号の県境にある信州峠(1,467m)に車中泊をし、そこから、横尾山へ散歩に行ってみました。


信州峠からの歩行動画最終回です。

歩行動画その1からの連続再生です。



今回のルートです。

山梨県と長野県の県境にある信州峠には、8台程の駐車場があります。大弛峠や柳沢峠のように、満車時に路駐する場所はありませんが、そんなに登山者は来ないでしょう…(^o^;) 何せ、ここに駐車して登れる山は、横尾山だけですから。地形図を見る限り、他に道はありません。信州峠から東の稜線には、薄い踏み跡がありましたが、その先には、特に山は無さそうです。

信州峠を長野側に下っても、登山口がありました。そこには、昭和37年(1962)に建てられた石碑があります。更新林道開通記念碑…今でこそ、山梨県道610号・長野県道106号ですが、当時は、林道として作られた道だったのですね。恐らく、未舗装の道だったと思いますが、マイカーのスバル360で越えた方も、いらっしゃったでしょう。

急登は、一箇所だけ。殆ど、森の散歩道のような登山道を歩くと、展望の開けるカヤトの原に。ここまでの1時間は、展望の無い樹林帯の道ですから、一気に気分爽快に。ただ、開放感のある場所は、ここだけで、再び樹林帯の中になります。

まだか?まだか?と思いながら、薄暗い岩場の歩きにくい道を歩くと、横尾山頂上に。山頂と言うより、単なるピークのような場所です。南側だけに展望が開けていますが、カヤトの原の足元にも及ばない展望です。


   

中沢尾根から高登谷山周回
2016年9月  登山口駐車場→
山梨県と長野県の県境・信州峠に行ったついでに、川上村の高登谷山に登ってみました。


駐車場からの歩行動画最終回です。

歩行動画その1からの連続再生です。



今回のルートです。

長野県道106号を走っていると、高登谷高原への標識があります。その標識に従って、高原野菜畑の一直線の道を走ると、別荘地帯となり、小さな手描きの【高登谷山】の道標が立っています。特に、駐車場の表示は無かったのですが、そこにある駐車スペースに駐車しました。山と高原地図の【P】マークも、ここになります。

高登谷山は、本峰と南峰からなる双耳峰です。通常、南峰・北峰と名前が付けられるのが一般的ですが、ここは、本峰と南峰。しかも、南峰(1,862m)のほうが、本峰よりも高いという現実…(^o^;) 展望は、東側だけです。

本峰(1,846m)は、山頂と言うより、稜線の一部のような地形です。南側に展望が開けています。ここからの下山が問題。管理者は、本峰→南峰の周回・ピストンを想定しているのか、下山の誘導標識がありません。「上ってきたんだから、わかるだろう?」の次元なのか?? 地図とコンパスで確認しないと、北方向の尾根に入り込み、遭難してしまいそうです。