鶴見川源流・最初の一滴を求めて!@東京都町田市
 2013年10月

源流マニアの間では、鶴見川源流の泉が、鶴見川の源流として、認知されていますが、多摩川源流・高麗川源流を見ている私は、どうしても納得出来ません。高山・豪雪地帯や温泉じゃあるまいし、いきなり源流ボコボコなんて、どう考えても不自然です。地元の人の「川崎市水道トンネル」説も、決して嘘ではなさそうですし…。

そして、決定的なのは、源流の泉の先にも、小川があるということ。とすれば、その小川の源頭が、正真正銘の鶴見川の源流になるはずです。ただ、小川を遡行するわけには行きませんので、地形図を見ながら、悶々とし続け1年。違う目的で、山道を歩いていたら、偶然にも、ヒントを見つけてしまい、地図も持たずに突入したら、ありました! 多分、ここが正真正銘の鶴見川源流でしょう!(^o^)v なお、地元の人の迷惑になるといけないので、場所は公開しません。まあ、山屋さんなら、地形図を見て、ピンと来るかと思いますが…(^o^;) どうしても、知りたい方は、メールにて…m(_ _)m


赤印の場所が、鶴見川源流の泉です。




鶴見川源流(と思われる場所)までの動画です。


   

〜過去ネタです〜

都立小山田緑地〜鶴見川源流の泉@東京都町田市
 2012年4月  小山田緑地駐車場→




無料駐車場は、北と南に2ヶ所。パンフレットを見ながら、のんびり散策…(^o^)v


昭和3〜4年(1928〜1929)の馬頭観音が…ってことは、昔は、正規の道だった…(◎_◎)


標高が低いですが、程よい展望…山登りをしない人なら、ヒデキ感激♪かも…(^o^;)


梅木窪分園にある吊り橋…なんか、廃橋のような雰囲気120%…(;゚゚)ウッ!


小山田緑地から、都道を鶴見川源流に向かって歩くと、謎の穴が…(゚゚;)エエッ


そして、レトロなバス停…バイ○グラ不要で、立つ店の看板が…(^o^;)


なんと、素直なネーミングでしょう♪(*^_^*)

鶴見川源流の泉は、改修中のようで…。なお、この源流の泉には、異論が…。この先の地下に、川崎一号水道隧道が通っていて、その漏水説が、未だに根強くありまして…。昨年、尾根の上で会った人が、「あんなの源流じゃないよ。老朽化した水路からの漏水を、誰かが、鶴見川源流と騒いでしまったから、引っ込みがつかなくなって、源流になっただけだよ…水路改修工事で、漏水が止まったら、大騒ぎになったので、水路に分岐栓をつけて、流しているんだよ」と…。

行政が、水質検査をして、「水道路の水ではない」と結論を出しても、そうなんですから…。まあ、信じるものは救われる…と思いましょう…(^o^;)



都立小山田緑地の動画です。




鶴見川源流の泉の動画です。