車&チャリンコで神奈川県の“こりん星”小倉山へ@神奈川県相模原市緑区 2015年9月  水の苑地駐車場→

小倉山と聞くと、タレント小倉優子さん、そして、こりん星と連想してしまう私です。被り物の小倉智昭さんや劇団の小倉久寛さんも、いらっしゃいますが、男は黙って小倉優子さんですね。(^o^;) 今回は、そんなマイナーな里山で、ドM修行を敢行。肉体のドM修行よりも、「こりん星がわからない」「わからない」の不安による、精神的なドM修行になりました…(^o^;)


動画その1からの連続再生です。


小倉山には、駐車場が無いので、津久井城山公園・水の苑地駐車場から、折りたたみ自転車で、登山口に向かいます。もう少し近くに、駐車場がありますが、途中に寄りたい場所があるので、あえて、水の苑地に駐車しました。

途中にある川尻石器時代遺跡。15年前に、一度寄ったことがあるのですが、ネタにしていなかったので、今回は、しっかりネタにしました。しかし、大切な遺跡なら、もう少し、しっかり整備して欲しいと思うのは、私だけでしょうか? どうみても、休耕地です。(^o^;)

小倉橋の下にある河川敷。以前、ネットで見てから、気になっていたのですが、車で通ると、スルーしてしまって、良くわかりませんでした。川幅が、狭くなる場所にある川原なので、夏の夜でも、空気が流れて、涼しく車中泊が出来そうです。トイレもあります。

そして、本題の小倉山。圏央道・相模原インターチェンジが出来たため、周囲の雰囲気は、大幅に変わりました。登山口への誘導は、全く無し。
道端で休んでいた、御年90歳程の長老に尋ねてみると、「あっ、おぐらさんね。その道を…」と、詳しく教えて貰えました。ただ、長老が、小倉山に登ったのは、圏央道の「け」の字も無い頃でしょうから、ちょっと不安でしたが…(^o^;) 案の定、道が変わっているようで、迷ってしまいました。

県道511号からの道順は、こんな感じです。至る所、圏央道関係の道で通行止。かなり大回りしないと、登山口に辿り着けません。更に、登山口は、畑の脇の農道の奥なので、事前情報無しで行くと、まず辿り着けません。畑が見えたら、小倉山方向を見てみましょう。山中に、場違いな緑色の歩道橋が見えますので、そこを目指して、進みましょう。

小倉山頂上は、稜線の通過点です。急登もなければ、広いスペースもありません。真っ直ぐ向いて歩いていると、そのまま通過して、下山してしまいます。全く山頂らしくない、平坦な稜線の脇に、ポツンと三角点が有り、手製の山名板があるだけで、冬場以外は、藪の中です。向かい側にある津久井城山とは、月とスッポンの山でした。