唐松尾山〜笠取山周回 西御殿岩に寄り道@山梨県甲州市
2015年9月 作場平口駐車場→

4年振りに、笠取山へ。今回は、自転車を利用して、将監登山口から周回しました。

作場平口には、無料駐車場がありますが、将監登山口には、民宿の有料駐車場しかありません。当然、早朝深夜の駐車は出来ません。必然的に、車は、作場平口になります。中島川口の登山口付近には、数台のスペースはありますが、周回となると、面白くないルートになります。

そこで、作場平口〜将監登山口を、自転車で移動した周回を考えてみました。行きを自転車にするか、帰りを自転車にするか、悩むところですが、コースタイムでは、将監登山口から登るほうが、少々早く下山できます。

通常、東京方面から作場平口に向かうと、将監登山口を通って、作場平口になります。そこで、将監登山口に自転車を置いて、作場平口から登ろうと思ったのですが、この日は、一ノ瀬林道の起点が、台風による土砂崩れで通行止だったため、一ノ瀬林道終点からの作場平口になってしまい、途中で自転車を置くことが出来ず、行きが自転車となりました。

壮大なるロマン!一級河川多摩川の最初の一滴の動画です。

笠取山近くにある小さな分水嶺の動画です。

動画その1からの連続再生です。

将監登山口は、民宿のオーナーが設置した立派な看板がありますので、すぐにわかります。その民宿に、駐車することも可能ですが、それでは、ピストンになってしまいます。

西御殿岩への分岐を見落とす方が多いようです。特に、草が元気な季節では、見落としやすいかと…。先人達が、手製の標識を設置してくれましたので、私は、見落とさずに済みましたが、この標識がなければ、まったくわかりません。

唐松尾山は、登山道から僅かに外れていますが、ここは、初心者向けのルートではないので、ここをトレースする方ならわかるでしょう。


以前と変わらぬ開放的な山頂です。

水干は、頻発するゲリラ豪雨か、今年の台風18号の影響で、悲惨な状態になっていました。東京都のお役人様は、まだ、気づいていないのでしょうか? その上にある祠に、行ってみたかったのですが、シューズのソールが剥がれていたので、断念しました。生きていれば、もう一度来てみたい…(^o^;)

   

笠取山@山梨県甲州市(旧塩山市)
2011年10月 作場平口駐車場→

多摩川の故郷・笠取山(1,953m)へ♪(^o^)/

一之瀬林道・作場平口までの車載動画です。

山頂・水干までの歩行動画です。


このアングルだと、独立峰と錯覚してしまいそうです…(^o^;)


無料駐車場完備♪ 公共交通機関はありませんので、ありがたい♪(^o^)v


登山口の向かいには、勿論無料のトイレも…。しかも、湧水を引いてあるので、手洗いも可能♪(^o^)v


急登ルートを通ると、この交差点に…。大した坂ではないですが…。左に行けば、楽なルートに合流…


笠取小屋です。倒れそうな時は、助けを求めましょう…(^o^;) この日は、無人…(゚゚;)エエッ


雁峠…この山に来て良かった♪…と思える景色が、堪能できます…


富士川・荒川・多摩川を分ける、分水嶺…


この山から、三つの河川が、始まります。でも、川は見えないです…(^O^;)


相当長い期間、放置プレイのウインチ? 林業で使ったんでしょうなぁ…。不法投棄は犯罪です…(^o^;)


ここが笠取山(西峰) 東側から見ると、凄い場所なのがわかります…(;゚゚)ウッ!


西峰からは、絶景が拝めます♪ 勿論、富士山も、正面にドドーンと見えます♪(^o^)v


最高点は、南側に、辛うじて眺望が…。富士山は、バッチリ見えました♪(^o^)v

   

残雪の笠取山@山梨県甲州市
2017年4月 作場平口駐車場→

4月とは言え、山の上は、未だ冬景色。

駐車場から山頂までの登山動画です。

雪が少なかった2017年の新春の首都圏でしたが、山の上では、かなり降っていたようです。4月なので、かんじきは不要だと思い、車に置いて出たら、予想外の積雪。腿まで埋まりながらの山行は、体力を消耗させ、笠取山ピストンで終わってしまいました。次回は、かんじきを持って行くぞ♪(^o^;)