武甲山〜小持山〜大持山周回@埼玉県横瀬町
2016年1月  生川登山口駐車場→

首都圏の近代都市の形成のために、その山体を削られ続け、痛々しい姿になった秩父の名峰・武甲山。今回は、生川(うぶがわ)駐車場から、武甲山を経て、小持山・大持山を周回してみました。


生川駐車場からの歩行動画最終回です。


歩行動画その1からの連続再生です。


武甲山全景です。独立峰にも見える、堂々たる山体ですが、表側と裏側では、その山容が、全く違います。表側は、石灰岩のため、首都圏の街作りの犠牲となり、無残な山容となっています。
「総ては、経済のため」と、住民も自治体も、涙を飲んでいるのでしょうが、あと70年で、掘り尽くされる山を、そのまま、黙って見ていて良いものでしょうか?

生川・一の鳥居の登山口には、無料駐車場があります。看板には、横瀬村の表記。1984年の町制施行なので、バブル景気以前に設置されたのでしょう。ここから、武甲山ピストン。小持山・大持山の周回と、色々ルートが組めます。

山頂には、御嶽神社がありますが、この社も、石灰岩の採掘で、旧山頂から移転したそうです。明治期には、1,336mだった山頂が、採掘により削られ、現在の1,304mになったそうです。信仰の山では、考えられない事実です。
外国の大地を破壊し、大量の鉱石を輸入すると共に、国内の山を破壊して、近代都市を築き上げてきた日本ですが、二十一世紀の今、その流れを変えませんか? エネルギーも資源も、再生可能にシフトしましょう。

日本は、経済力に物を言わせ、外国の大地から、大量の鉱石を輸入しました。と言うことは、国内に使用した鉱石は、充分あるはずです。それらを、リサイクルすれば、新たに、大地を破壊しなくて済むでしょう。

そもそも、資源の乏しい日本は、物を修理しながら、大切に使っていました。それが、経済力がついてくると、企業は、短いサイクルで、新しい物を大量に売り、消費者は、それらを大量に消費しゴミにする、使い捨て社会になりました。オイルショック・東日本大震災…あの時の危機感なんて、皆忘れてますね。

鉱物資源は、有限です。いずれは、無くなります。ただ、それが、自分の代で無いだけです。「子や孫が可愛い」と言う人は多いですが、その代に、資源が無くなっても、良いのでしょうか?

一つの物を大切に長く使えば、それだけ、大地を破壊しなくて済みます。そのためには、高くても、しっかりした、修理可能な物を作れば良いでしょう。「売れなければ、会社が成り立たない」と考えるでしょうが、そんな経営なら、猿でも出来ます。地球環境があって、初めて経済が成り立つのではないでしょうか?

通常、採石場は、人目につかない場所にあります。武甲山のように、オープンな採石場は、珍しいのです。既に、山が失われている場所は、全国に多数あります。五輪だ!リニアだ!ヒルズだ!滑走路増設だ!…そこには、膨大な量の石灰岩が使われます。その総てが、武甲山のような山から、採石されるのです。
個人の貰うメダルのために、自然を破壊する意義があるのでしょうか? 1時間早く目的地に行くために、自然を破壊価値があるのでしょうか? 外貨稼ぎのために、自然を破壊意義があるのでしょうか? また、原発の廃炉にも、膨大な石灰岩が必要になります。可愛い子や孫に、放射性廃棄物を残しながら、山を崩して良いのでしょうか?。
経済成長のために、これ以上、地球を破壊するのは、もう終わりにしませんか? まあ、政治家が、そこから金を貰っている以上、日本が沈没しない限り、考え方は変えられないでしょうね。大臣や議員は、辞職すれば、責任をとったことになりますし…(^o^;)

小持山は、稜線上のピークのような狭い山頂です。尖った山なので、上るのも下りるのも、結構大変です。滑ったら、一気に谷底です。

大持山には、三角点が置かれ、御札が祀られていました。信仰の山なのでしょうか? 広い山頂は、季節限定の明るい雰囲気でした。ここから、妻坂峠を経由して、駐車場に戻るのですが、膝の前面が痛くなる程の急な下りが続きます。膝のためなら、逆ルートのほうが、良いかな?